ホーム » ワードプレス

ワードプレス」カテゴリーアーカイブ

フェイスブックのいいねがリセットされ消えてゼロになった

ウェブサイトのSSL化は、グーグルの検索結果の順位に好影響があり、SEOの面からも必要になってきていますが、フェイスブックのいいねがゼロになります。そこで、

・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

http://~からhttpa://~にしたら、フェイスブックは別のURLと認識するので、「いいね」シェアカウントが0になる現象について、

フェイスブックの「いいね」を気にせずURLを更新するだけであれば、いいねボタンを外して、ワードプレスの管理画面→設定→一般の中にある

WordPress アドレス (URL) 「http://~    」
サイトアドレス (URL)「https://~     」

と変更して、.htaccess ファイルに以下を書き込み301リダイレクトさせれば、サイトの評価は引き継げられます。

RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://●●●●●.com/$1 [R=301,L]

しかし、フェイスブックの「いいね」を失いたくない場合は、以上の設定をしたらダメです!

なぜなら、旧アドレスは無視されるので、フェイスブックの「いいね」は旧アドレスのhttp:~に付いているので、過去の「いいね」が無視される事になります。

 

そこで次の手順が不可欠です!

ワードプレスのプラグインで、SNS Count Cahceをインストールしてhttps化を有効にしても「いいね」は反映されませんでした。

それでテーマテンプレートのヘッダーにMETAタグを進入したりしました。しかし全て納得が行かず、最終的に最善の方法は、SEOのプラグインである All in One SEO Pack を使用していましたが、同じSEOのプラグインである Yoast SEO をインストールしてから、 All in One SEO Pack の設定を Yoast SEO インストールし引き継ぎました。

その後は、 All in One SEO Pack を停止か削除しないと正常に作動しません!

それで、使用しているテーマの function.php の最下部に以下を書き込みます。ちなみに子テーマでは上手く行きませんでしたので、親テーマに書き込みました。

add_filter( ‘wpseo_opengraph_url’, ‘my_opengraph_url’ );
function my_opengraph_url( $url ) {
return str_replace( ‘https://’, ‘http://’, $url );
 
これで元のフェイスブックの「いいね」を取り戻し、無事に復元し引き継ぎ出来ました。
「いいね」が復活したかを知る方法は、ワードプレスのキャッシュを削除してから、フェイスブックのツールサイト
アクセスして、一番上にアドレスを貼り付け、デバックします。
 もう一度スクレイピングします。
所得したURLは、https:// ~
で、カノニカルURLが、元のhttp://~
・・・になっていれば成功です。スクレイピングはチョクチョク確かめましょう。

 

https://snslike.net/

 

これで、「いいね」を確認が出来ます。

いずれの場合も内部リンクはプラグインの Search Regex を使用して

「http://~からhttps:// ~」へ変更しておきます。

 

 

文字化けワードプレスやHTMLサイトで解消する方法

サーバーの仕様によって、ワードプレスにせよHTMLサイトにせよ、

ホームページの文字化けがする場合は、

 

 

.htaccess ファイルに、上記のように下記のタグどちらかを書き込むと文字化けが無くなります。

AddType “text/html; charset=Shift_JIS” .html

または、

AddType “text/html; charset=UTF-8” .html

 

または、HTMLで作成したウェブサイトの場合は、HTMLタグのトップ<head>の上を下記の様に書き換えてみて下さい。

<!DOCTYPE HTML PUBLIC “-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN”>
<html lang=”ja”>
<head>
<meta http-equiv=”Content-Type” content=”text/html; charset=SHIFT_JIS”>

 

 

ワードプレスで4.7にバージョンアップし不都合

Wordpuress4.7にバージョンアップしたところ

サイトのヘッダー部分に、

/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 2895

が、現れました。

テーマによっては問題ないサイトも有りますが、互換性も関係だと思いますので、

Head Cleanerを停止するか削除をすると問題は解決しました。

場合により、プラグインの停止や削除も出来なかったり、管理画面へアクセス不能にもなるので、その場合は、FFFTPで、

/wp-content/plugins/HeadCleaner

内に有るHead Cleanerをフォルダーごと削除すれば治ります。

 

 

 

 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

スポンサーリンク
スポンサーリンク

.

.